2005.01.16

■ それでもベラーニに、移民の側に悲劇が起こる

ヴァデム・パールマン監督の 『砂と霧の家』 を年末に見る。2004年の最後に見たこの映画に最近の映画には感じたことない「異議申し立て」への意志をみた。

» Continue reading

| | Comments (23) | TrackBack (0)

2004.05.31

■ 映画、『ドッグヴィル』

本を読んだだけで、映画の方を見損ねていた『ドッグヴィル』ですが、6月19日〜25...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.05.22

■ ギルバート・アデアの『閉じた本』を読む

会話とモノローグのみで綴られたサスペンスに満ちた傑作。
なんていう触れ込みにつられて購入したのだが。。。
悪くはないが、訳者のあとがきでも触れられているようにサスペンスとしてはあまりに終末処理が甘すぎる感じで傑作にはほど遠い作品だ。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.05.04

■ Jazz には珈琲がよく似合う

本日の珈琲:トバ・ブルー、マンデリン 昨日は、朝から上原ひろみの 『BRAIN』...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.05.02

■ 上原ひろみの『BRAIN』を聴く

・地上に降り立った Jazz 界のディーバ

昨年4月にリリースされたあの衝撃的なファーストアルバム『another mind』からちょうど1年。発売されたばかりの上原ひろみのセカンドアルバム『BRAIN』を昨日、『ゴッド・ディーバ』を見に行く前にヴァージンで購入した。『ゴッド・ディーバ』のホルスの確信じゃないが、間違いなくここにもディーバがいる。それを見抜いたリチャード・エバンスはまさにホルス。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.04.05

■ 直火式焙煎機、 「ブタ釜」

本日の珈琲:ケニヤ AA テグ組合 店に入ると回転ドラムの小気味好い音。香りもド...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.04.02

■ 『HINOKIO』 の撮影始まる

・ カンヌを目指す秋山貴彦

2005年5月公開予定の映画、『 HINOKIO(ヒノキオ)』がクランクインした。3月26日から神奈川県内のとある学校とその周辺を中心に実写シーンの撮影が始まっている。
(追記:4月1日にここでの撮影終了)

» Continue reading

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.04.01

■ イルガチェフェ G1

本日の珈琲:イルガチェフェ G1 今日も、イルガチェフェ G1 にする。 エチオ...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.26

■ PE'Z の片思い

・作曲家の狭量、 PE'Zの英断

PE'Zが3rd MAXI『大地讃頌(だいちさんしょう)』(2003.11.19発売、2004.3.25時点で amazon 売上ランキング11)と「大地讃頌」を収める2nd アルバム『極月 -KIWAMARI-ZUKI-』(2003.12.10発売、2004.3.25時点で amazon 売上ランキング3,004)を作曲者、佐藤眞氏による東京地裁へのCD販売停止、演奏禁止の仮処分申請(2月)を受け、対抗措置をとらないまま出荷停止にしたようだ。

» Continue reading

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2004.03.24

■ ココログ、公開する

皆さん、はじめまして。 ちょこちょこやってましたが、漸く今日、公開できるようにな...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.23

■ アビシニアン・モカ

本日の珈琲 : ケニヤとアビシニアン・モカのブレンド

店ではケニヤを飲んだが、豆の方はブレンドにしてもらう。ネコのアビシニアンはエジプトだったかエチオピアだったか、確かその起源ははっきりとしていなかったと思うが、珈琲豆のアビシニアンはエチオピア、バレマウンテン麓の森林地帯で採れる野生の豆で、ネコのように壁画に描かれているなんてことは多分なかったかと思う。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.22

■ 「伊右衛門」夫妻

サントリーの新緑茶、「伊右衛門」が出荷停止になるほど売れているようで、お詫びが掲載されていた。売れているのは、竹筒型ペットボトルで、3月の月間販売数量50万ケースを発売3日で既に越え、現状では生産体制が追いつかないらしい。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.18

■ ふたりの「伊右衛門」

電車の中吊り広告でサントリーの「伊右衛門」を見かける。これまでも奇抜な広告はあっ...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.17

■ 進化するココログ

・ビッグローブも始めるのね 今日の『毎日新聞』朝刊に「ブログ、急成長」という記事...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.15

■ 「井桁崩し」はオヤジを救うか?

・古武術で復活を目論むオヤジフットサラーの挑戦

2月にフットサルの試合で左足のふくらはぎ(腓腹筋)を痛めた。その後は順調に回復へと向かい、痛みもほぼ消え去ったのだが、ちょっと強く「踏ん張」ったりするとどうしても僅かだが痛みが走る。それをなんとか解決できないかと思い、無理のない筋力アップに努めていた矢先に出会ったのが、『ナンバ走り、古武術の動きを実践する』(織田淳太郎他著、光文社新書)だった。

» Continue reading

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2004.03.08

■ 迷宮の庭師、プソイドに一矢

・押井守の「イノセンス」を見る、その1、ファーストインプレッション

朝から興奮していたせいだと思う。チケット購入直後にも関わらず上映時間を1時間も間違えて入場してしまい、一旦退場する始末。こんなことは、はじめてだ! ヴァージンシネマズ改め、TOHOシネマズ某所、午前10時33分。スタバで時間をつぶし再び戻るが、高揚は一向に醒めやらない。6番スクリーンへと通じる通路は、今思えば「マトリックスの裂け目」へと通じていたのかもしれない。そこが、いつもの私の指定席「H-8」へと通じる道だったとしても。(笑)

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.06

■ Web の剪定と水遣りと

・目出度 Weblog 始 昨年の9月、「そうだ、京都へ行こう!」じゃないが、ふ...

» Continue reading

| | Comments (5) | TrackBack (0)